主な事業

なは教育の日 新春朗読会2020

更新日:

なは教育の日関連事業として、那覇市青少年健全育成市民会議が主催する『新春朗読会』が開催されました。

開催趣旨として、青少年健全育成を図るための文化活動の一環として、東京を中心に幅広く活動を続けている舞台朗読家 熊澤南水氏による舞台朗読で、肉声だけで創り出す豊かな物語の世界を味わい、言葉の大切さを学び、集団活動におけるマナーや舞台鑑賞のマナーを身につける機会となっています。

那覇小学校

2校時(1・2年生) 9:35~10:20
①ソメコとオニ   : 斎藤 隆介 作
②三つの願い : 沖縄民話
3校時(3・4年生)10:35~11:20
①ソメコとオニ   : 齋藤 隆介 作
②いのちをいただく :  内田 美智子 作
4校時(5・6年生)11:30~12:15
①お母さんの木   : 大川 悦生 作

朗読会(那覇小)

朗読会(那覇小)

高良小学校

2校時(6年生) 9:35~10:20
① 蜘蛛の糸     : 芥川 龍之介 作
② いのちをいただく : 内田 美智子 作: 
3校時(4年生)10:35~11:20
① ソメコとオニ   : 齋藤 隆介 作
② いのちをいただく : 内田 美智子 作

高良小 蜘蛛の糸2

高良小 蜘蛛の糸2

朗読会の風景(動画)

   

講師紹介

熊澤南水氏(東京可否の会)

プロフィール
1941年東京生まれ。
40歳のとき舞台朗読の道へ
元俳優三上左京氏に師事
樋口一葉、山本周五郎などの作品を中心に年間全国80か所で公演
1991年、日本文化振興会より国際芸術文化賞受賞
2006年、日本橋三越劇場で文化長芸術祭参加
2008年、国立劇場おきなわで能とのコラボレーションに出演
2016年12月平成28年度(第71回)文化庁芸術祭賞大衆芸能部門優秀賞受賞
 ※近年は那覇市ぶんかテンブス館、県内の学校・地域の公民館
などにおいて活動を続けている。

中学年、高学年と年齢に合った本の内容を選び、朗読していただきました。熊澤南水さんの迫力あるひとり語りを間近に見て、静かに聴くことができました。
朗読を終えて、熊澤さんから感想をきかれた児童は、それぞれが印象にある情景を発表し、本の内容を思い描いている様子がわかりました。特に、「いのちをいただく」は心に強く残ったようで、「食」の大切さ、感謝の気持ちを感想に述べる児童が多くいました。

今回の朗読会では、プロの演者の朗読を聴くこと、本の内容をイメージし、感想を発表する。また、本の内容から、多くを学ぶ事ができました。先生に対し「どうして朗読の道に進んだのか」との質問もあり、とても意義深い授業となりました。

-主な事業
-

Copyright© 那覇市青少年健全育成市民会議 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.